ある日突然ミシンに目覚め、職業用ミシンを購入。以来次々とミシンを増やすも製作物は異常に少なく、最近ようやく使えそうなものを作り始めた奇人のブログ
by sewing_machines
カテゴリ
全体
sewimg machine
bag
rucksack
other
未分類
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
帽子
at 2011-09-05 01:13
シューズケース
at 2011-08-17 22:28
「露通し」とか「露切り」とか
at 2011-07-02 22:27
チャランゴケース
at 2011-06-09 02:38
ギターケース
at 2011-03-14 23:37
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

小さいバッグ

以前に作ったもの。取っ手を縫うところがやや緊張する。厚みがあって巾が狭いので油断してずれると一瞬で踏み外してしまい修正不可能なエラーになる。正確にまっすぐ一定に縫うのは難しいと思う。
d0165681_1843599.jpg

[PR]
by sewing_machines | 2010-05-30 18:45 | bag

送り歯

ミシン(SEIKO TE)で縫った時に革に送り歯の跡がつくのを軽減するために、送り歯をヤスリとグラインダで落としてツルツルにして、そこに接着剤(ボンドGクリヤー)を盛って適当に成形し「ボンド送り」を試作して試し縫いをしてみた。がすぐに盛ったボンドがはがれてめくれてきたので剥がし取って「ツルツル送り」に。歯の跡はほとんどつかなくなった。が、送りが弱く、ピッチが詰まり気味で若干不安定になる。針板から出る送り歯(ツルツル)の高さも不十分か。
d0165681_23104399.jpg
裏面。左の3列は一列送り歯+ローラー押え。右から3列はL型ボンド送り、残り2列はツルツル送り。
d0165681_2312289.jpg
表面。若干ローラー押えの跡が付いている。

ボンド送りの前に、G17ゴム接着、強力両面テープゴム接着と試したが、押えの圧力に耐えられず直ちにはがれてしまって縫うまで至らなかった。送り歯のあたる革の面に保護テープでも貼るという方法もあるが、テープをあとで剥がす時には注意が必要、べたべたになってしまう。結局はちゃんとした(売っている)ゴム送りがよさそう。
[PR]
by sewing_machines | 2010-05-28 23:35 | sewimg machine

帆布のリュック2

以前に作った色違いのものです。本体はオレンジ、それ以外のパーツは黒です。生成の方のリュックは黄緑のナイロンテープを使ってますが、これは黒いナイロンロープ、丸紐を使いました。ほぼ同じパターンなのですが印象がかなり違います。
d0165681_18291755.jpg

[PR]
by sewing_machines | 2010-05-27 18:43 | rucksack

帆布のリュック

先月作った防水キャンバス地のリュック。色はグレーっぽい生成。ファスナーを使わず、ハトメとナイロンテープで口を絞ったり長さを調節したりする。このリュックのパターンも、本体が一枚でそこに肩ベルトと雨蓋などのパーツを一筆書きのように縫いつけているので、ミシンのアームの下(フトコロ)を通すことになってかなり詰め込む感じになる。
d0165681_2343997.jpg
d0165681_235141.jpg
d0165681_2351650.jpg

ハイキングはもちろん街中でも違和感なく使えると思う。
[PR]
by sewing_machines | 2010-05-26 23:11 | rucksack

登山用のザック

リュックサック・リュック・バックパック・ザック等、呼び方は色々だがこれはザックという感じ。ナイロン製、容量は40Lくらい。オーソドックスな外観だけど、パターンはかなり独特。本体・雨蓋・肩ベルトがそれぞれ一枚の生地で出来ている。フレームはなくてただの袋、背中内側にある大きなポケットに「銀マット」(1mx2m薄手2mm)を八つ折りにしてピッチリと入れることでザック全体がシャキッとする。銀マット自体も使える。
d0165681_2330874.jpg
d0165681_23342697.jpg

[PR]
by sewing_machines | 2010-05-24 23:50 | rucksack

教室

2月から革の教室に通い始めた。自由に何かを作るにしても作る技術・手段を自身で創出するのは困難で長大な時間が掛る。そこは習い、習得できた技術の範囲で色々と作りたいものを自由にやったら楽しかろうと思った。
[PR]
by sewing_machines | 2010-05-24 13:27 | other

Two bags 

バッグ本体が同じ形で二種類作ってみた。女性用のカバンはもう一回り小さいほうがバランスがいいかも。
d0165681_743573.jpg

[PR]
by sewing_machines | 2010-05-24 07:44 | bag

足踏みミシン2

SEIKO TE-1 網足段付きテーブルに組まれたこれも古いミシン。糸締りが非常によくて、持っているミシンの中では最も美しい縫い目ではないかと。ただ、まっすぐに縫うのがちょっと難しいというかコツが要る感じなのです。一目づつ縫う模様の縁取りとかに使ってます。
d0165681_17454937.jpg

[PR]
by sewing_machines | 2010-05-23 17:46 | sewimg machine

足踏みミシン

SINGER 188U2 職業用ミシン、直線のみ。かなり古いのに綺麗で回転も非常にスムーズ。はずみ車のベルとかけ部分の直径が若干小さめなので、踏み込みはやや重い。糸:ビニモ20番、針:16番で革も結構縫える。
d0165681_17274670.jpg

[PR]
by sewing_machines | 2010-05-23 17:30 | sewimg machine

ブラザージグザグミシン

BROTHER TZ1-B651です。外観はかなり使い込まれた感じですが、調子は良いです。ヘッドのみをオークションで入手、釜軸に絡みついた糸屑を除去し、ビクター製ポータブルケース+YDKモータで組みました。1台だけ持つとしたらこれかな。職業用足踏み台
d0165681_17859100.jpg
に搭載も可能です。
[PR]
by sewing_machines | 2010-05-23 17:10 | sewimg machine