ある日突然ミシンに目覚め、職業用ミシンを購入。以来次々とミシンを増やすも製作物は異常に少なく、最近ようやく使えそうなものを作り始めた奇人のブログ
by sewing_machines
カテゴリ
全体
sewimg machine
bag
rucksack
other
未分類
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
帽子
at 2011-09-05 01:13
シューズケース
at 2011-08-17 22:28
「露通し」とか「露切り」とか
at 2011-07-02 22:27
チャランゴケース
at 2011-06-09 02:38
ギターケース
at 2011-03-14 23:37
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


静寂の中の穴開け

ハトメを結構使う。当然穴け・カシメの2回の工程があり、いずれもハンマーでたたくのでトントンン((orガンガン)と音がする。休みの日は深夜も作業をしたい場合がある。が、音が響くので遠慮がちになっていた。そこでハンドプレス機を購入し一挙に解決した。と思ったら、カシメは良いが穴開けは難かった。穴開け用の駒がポンチではなく事務機器の穴開けパンチと同じ方式なのだけれど繊細な作りで精度が高く、厚いものが苦手で、おまけに抜けた時ガシャンと音がする。
で、夜中でも静かに厚いものも穴開け出来るものを試作してみた。見ての通り、大型のバイス、ドリルチャック(13mm)、ポンチ、ドリルチャックを回すタダプタ(6角6.5mmメス-メス)、適当な金具とネジで構成されている。テーブルの端にセットしている自在バイスで本体をつかんで使う。使い方は、穴をあけるものをバイス本体のネジでポンチに押し当てて締めあげ、食い込んだところでポンチ左右に何回か回す。
d0165681_17243915.jpg
チャックは簡単に抜ける。ポンチも13mmまでのものがつかめる。
d0165681_172085.jpg
ヌメ革も難なく抜ける。ナイロン12枚重ねも御覧の通りOK。奥がこれで抜いたもの。手前はポンチとハンマーで抜いたもの。
d0165681_17214878.jpg

[PR]
# by sewing_machines | 2010-08-29 17:45 | other

新しいもの

通っている革の教室で「手縫いで作るサンダルとスリッパ」という本が紹介されたので、早速購入。一見「気軽に作れます」風だが、特殊な道具も色々必要で簡単なものではない。そんな中で最も作りやすそうな「スリッパ」を作ってみた。もちろん手縫いではなくミシンンで。白と茶の2足。
d0165681_7545458.jpg
茶の方は一部元の革の縁をそのまま切らずに使ってみた。
d0165681_7534415.jpg

[PR]
# by sewing_machines | 2010-08-25 07:59 | other

糸立て2

一本用の糸立てを作ってみた。
d0165681_22412852.jpg
材料が微妙にあまったので作った。テーブルに置くタイプ。糸立てはもういいかなという感じ。全体像。小さい方の皿は小物置き場。ボビンでもおいておくか。
d0165681_22415078.jpg
下側からみると構造が分かる。2枚の板を端の穴をネジでV字型に固定し、反対側の2つの端の穴をそれぞれ糸をセットする軸と旗竿のようなものに使っている、
d0165681_2242945.jpg
要の軸(M10)
d0165681_22434371.jpg
糸セット軸(M8)
d0165681_2244486.jpg
旗竿のような軸(M6)
d0165681_2244272.jpg
こうやってみると自分はかなり「ネジ」好きみたいだ。
[PR]
# by sewing_machines | 2010-08-20 23:10 | other

糸立て

近所の金物屋で「万能排水網」なるものが目に入った。どこかで見た似たような形のものはなんだろうと考えていると「糸立て」の下の部分だと気がついた。これは作らずにはいられずそのほかの材料をそろえ作ったのがこれ。
d0165681_1295581.jpg
「皿」穴にの針金を通している。
d0165681_12184286.jpg
市販の一本の糸立て。
d0165681_12102667.jpg
今回製作の糸立てをセットしたもの。
d0165681_12105361.jpg
セットしたミシンはSINGER188U2+足踏みテーブル。
[PR]
# by sewing_machines | 2010-08-12 12:24 | other

小道具

どこかで売っているかもしれないけど、売っているのを見たことがない、千枚通しの先端が鉤状にまがっているもの。ミシン縫製のきわどい場面、きついカーブなんかで縫い合わせる生地の微調整に使ったり他にも用途は様々。ストレートでも不可能ではないが、微妙な曲がりが大変使いやすい。
ということで普通の千枚通し(大小各1本づつ)を買って加工してみた。
d0165681_19375670.jpg
小の方の先端
d0165681_19381066.jpg
大の先端
d0165681_19383587.jpg
大をラジオペンチで曲げようとしたらポキっと逝ってしまい、グラインダで尖らせなおす。ガスコンロの炎で先端部分を赤くなるまで熱し、ラジオペンチの側面の穴に突っ込んでちょっとずつ曲げていき、紙ヤスリ(2000番)で仕上げた。
[PR]
# by sewing_machines | 2010-08-08 19:49 | other